不動産投資の仕組み、やり方をおしえて


不動産投資も魅力ある投資方法

投資と一口に言っても、いろんな投資方法があります。敷居がだいぶ低くなった関係もあり、個人でも不動産投資をするのがしやすくなりました。他の投資に比べて、かかる費用や手間があるのでまだ全般的に普及しているわけではありませんが、資産運用の一環として、複数の投資の一つとして組み入れている人も増えてきています。

実は仕組み自体は簡単

不動産投資というと、なんだか難しそうと言う人もいます。しかし、仕組み自体はそんなに難しくありません。投資用の不動産を購入し、そこから利益を得るというだけです。投資用不動産の代表例は賃貸物件になります。いわゆるアパートとかマンションのことですね。これを自分で住むことも含めて、人に貸し出すことで家賃収入を得たりするというのが利益を得るということです。つまり、本当に簡単に言ってしまえば、投資用不動産を購入するのが第一歩といえます。

資金面ではしっかりと計算すること

ただ、不動産投資で重要なのは資金です。サラリーマンでも不動産投資をすることは可能ですが、基本融資を受けてローンを借りることになります。しかし、住宅ローンなどで借りることができるわけですから、対象が投資用不動産でも借りられないということはないので安心してください。サラリーマンとして継続的な収入があるならば、比較的お金を借りやすいです。とはいえ、フルローンは危険なので、運営資金とともに資本金を用意しておくことが必要です。

税金対策も忘れずに

不動産投資については、税金との戦いにもなります。まずは投資用不動産を買うときに、誰が買うかというのもポイントになります。個人か法人かによって利益に対する税率も変わるためです。ただし、法人化するのは収益規模によります。個人なら所得税がかかり、法人なら法人税がかかります。個人から法人に切り替える目安となるのは、課税所得約900万円と言われています。これはサラリーマンでの給与所得なども関わってくるので、注意する必要があります。

REITで分配金をもらう手も

ちなみに、自分で不動産投資をするのが大変と思っているなら、REIT(不動産投資信託)に投資する手もあります。REITは、複数の不動産を組み合わせた、投資信託に不動産版です。投資対象の不動産にはマンションや商業施設などが含まれるので、個人では投資できないような不動産に投資することもできます。また、REITに投資すれば、定期的に分配金を得ることもできます。分配金は株でいうところの配当金と同じで、不動産から得られた利益の一部です。現物の不動産を持つより税金も控除されているため、他の投資よりも利回りが良く、不動産投資初心者でも始めやすいです。REITならば、複数の不動産に分散投資できるのでリスクを軽減することも可能です。