外貨預金投資の仕組み、やり方をおしえて


リスクを減らすことができる投資方法

外貨預金投資は、日本に経済的危機があった時に助けになる投資の一つです。日本円ではなく、外貨を保有することでお金を外に逃しておけるというメリットがあります。それに考え方としては日本の銀行にお金を預ける感覚と一緒ですので、投資初心者でもやりやすいのが特徴です。株式投資やFXのように頻繁に売買をする必要もなく、ネット上で簡単にできるので主婦でも簡単にできます。

もちろん、日本の銀行を通じてできます

外貨を保有するという時に、海外で銀行口座を開設しなければいけないのでは?と思われる人がいるかもしれません。しかし、日本円ではなく、外貨で預金をしたいということなので、日本の銀行でできます。既存店でもネット銀行でもどちらでも可能です。仕組み自体は簡単で、まず円を外貨に変える必要があります。この時、円からドルやユーロに交換するレートのことを為替レートと呼びます。ここに手数料も含まれてくるので実際に為替レート以上に資金が必要となります。銀行によって為替手数料は異なるので、利便性とともに調べておく必要があります。

デメリットもあることを忘れずに

仕組みとしては、日本円の預金とほぼ変わりませんが、海外の通貨にした分、日本円で預金しているより多くの金利を受け取ることができます。日本は低金利なので、現在は外貨で預けた方が金利自体は多くもらえるケースが多いです。それゆえ、しばらく使う予定のない日本円を外貨に変えて貯金しておくと元本をより殖やすことができる可能性があります。しかし、デメリットも多いのが外貨預金です。そもそも、為替手数料は、日本円→外貨だけでなく、外貨→日本円の場合にもかかります。従って、為替の変動がなかった時でも受け取り時に元本割れになるケースもあるわけです。為替の影響を受けるので、元本が殖える可能性もあれば目減りする可能性も確実にあります。しかも預金保険の対象にはなっていないというリスクもあります。

外貨預金投資はリスク分散向き

さまざまなデメリットもありますが、外貨預金投資は円が安くなったり、最悪の場合国が破綻しても資産を守ってくれるというメリットがあります。つまりリスク分散に向いているわけです。一度に大きく預けるのではなく数回に分けて預けたり、複数の通貨に投資することでさらなるリスク分散を行うことができます。今後どうなるか分からない情勢なので、精神的な安定にもつながる投資方法の一つです。