株式投資の仕組み、やり方をおしえて


ポピュラーになった投資方法

近年はネット証券が増えてきたり、個人投資家がテレビや経済誌に登場するようになって、株式投資の認知度が高まりました。資金も少なくてもすむので専業主婦でもできるようになり、ネット上で売買を行う人も多数います。取引は夜間に注文を出すこともでき、日中忙しい人でもスマホがあれば休み時間にも取引できるとあって、ポピュラーな投資方法になりました。

やっぱり株主になれるのは魅力

株式投資の魅力といえば、なんといっても会社の株主になれることです。株式投資とは、株式会社が発行する株を買って、その会社が上げた利益の一部を分配してもらうという仕組みです。分配されるお金のことを配当金と言います。信託銀行を通じて証券口座に配当金は振り込まれるようになっています。また、複数の会社の株を組み合わせて、運用会社が運用してくれるのが投資信託です。株式投資とは異なり、個別銘柄を研究しなくていいのが初心者向きと言われています。株式投資もしながら、投資信託を組み合わせてやるという人もいます。

投資の仕方は人それぞれ

株式投資の仕方はまさに人それぞれです。投資対象を決めるのも人それぞれの基準でできます。自分が応援したい会社に投資する人もいれば、人にあまり投資をされない企業にわざと投資する人もいます。今は現物取引だけでなく、信用取引で大きなお金を動かすこともできます。基本は株を買って、その株が上がって売るキャピタルゲインを得るのが株式投資です。FXにおけるスワップポイントのようなものはありませんが、決算日まで持っていると、配当金を得ることができます。これをインカムゲインと言います。今は配当金だけでなく、企業から御礼として株主優待をもらえることもあります。株主優待は日本だけの文化で、海外投資家には配られなかったりします。

株式投資は時間もさまざま

ちなみに、株式投資には、海外の株式も含まれます。日本の証券会社を通じてでもアメリカや中国の株を購入することが可能です。株価は現地の証券取引所が開いている間に変動します。従って、やろうと思えば24時間取引することも可能です。リアルタイムで取引するためには、現地の休日などを把握する必要がありますが、日本だけでなく、国際的に投資することで分散投資にもつながります。

NISA口座で非課税も魅力

そして、最近人気なのはミニ株など少額で投資が可能な側面です。月々のお小遣いで対応可能で、ルールに従って売買を繰り返すことで元本を殖やすことができます。デイトレードで一日に何度も取引を繰り返す人もいれば、中長期で保有することで利益を確実に手にする人もいます。株主になれば株主総会に参加する権利があり、企業運営に参加できるという特典もあります。最近では総会でのおみやげを出すところも増えており、個人投資家でも気軽に参加できるようになりました。今はNISA口座を使うことで税金がかからないメリットも享受できます。2016年からは120万円と増額されるほか、子ども用の口座もすでに80万円の枠で活用できるようになっています。