投資信託の仕組み、やり方をおしえて


実はNISA口座で運用できる金融商品

だいぶ投資をすることが個人の間でも定着してきました。しかし、リスクがあるものですので、どういった投資をするのがいいのか?未だによく分からないという人も多いです。よく初心者にはプロが運用してくれる投資信託が良いと言われますけど、何が良いのか分からないですよね。投資信託が初心者向けと言われる一つの理由は、NISA口座を活用できる点です。投資信託はいまやワンコインから始められる投資方法で、NISA口座の枠内で運用することができるので、その間に得られた利益については、非課税です。しかも、証券会社に口座を開かなければできないと思う人もいるかもしれませんが、投資信託ならば銀行でも取り扱っているので、面倒な口座開設の手続きをする必要がありません。ゆうちょ銀行でも取り扱いをしていて、離島に住んでいる人等でも気軽に投資を始めることができる投資対象です。

その仕組みは意外と簡単

投資信託とは、ファンドとも呼ばれます。ファンドは、投資家たちからお金を集めて、一つの大きな資金にします。この投資家になるのが個人だったり法人だったりするわけです。その資金を運用のプロであるファンドマネージャーが運用します。運用した利益を分配してくれるというのが投資信託という金融商品です。ファンドマネージャーが扱うのは株式だったり債券だったりします。その株式等も日本だけでなく、先進国や新興国のものなどが複数組み合わさっていたりします。個人で銘柄選びをしたり、運用しなくてもすむので、その点ではプロの力を借りて行う投資といえます。投資家は分配金を得て、それを再投資することも可能ですし、利益として受け取ることもできます。

会社がいくつも関わっている投資

他の投資に比べて、投資信託は個人だけでなくいろんな会社が関わる投資でもあります。まず、投資家は販売会社に投資したいお金を預けます。この販売会社にあたるのが、銀行や証券会社になるわけです。そしてその商品に合わせて実際にお金を動かすのが運用会社で、委託会社とも呼ばれています。しかし運用会社が行うのは、ファンドの運用指示だけなので、実際に投資するのは受託会社になります。受託会社にあたるのは信託銀行で、資金の管理を行っています。そして運用成果が受託会社から運用会社へと動き、それが初分配金として販売会社へ、最終的にそこから投資家へとお金が入ってくるようになっています。

個人にできない投資ができる

投資信託のメリットはいくつかありますが、少額から始められたり、運用をプロに任せられる点では初心者向けです。定期的にレポートが届くので、運用成績も毎回確認することができます。仕事で忙しく、投資に時間が割けない人でも取り組みやすいです。長期的に資産を増やしていけるので、時間を味方につけられるのも利点です。おまけに簡単に分散投資ができるので、投資のリスクを抑えられるという魅力もあります。また、個人では手を出しにくい投資対象にも投資できます。とはいえ、投資信託も元本が保証されているわけではないというリスクがあります。