初心者にお薦めな投資は何?その理由もおしえて


初心者でも避けられなくなった投資

今や、投資はとても身近なものになりました。経済誌には個人投資家さんたちが登場しない日はありませんし、年金も投資で運用されるようになりました。物価も上がると言われているため、インフレの中家計を守るために投資をしようと思った人もいるかもしれません。それだけ幸か不幸か、投資は誰にとっても避けられないものになってきたと言えます。基本的にどのような投資でも、最初は誰でも初心者です。敷居は年々下がってきており、初心者でもどれも取り組みやすくなっています。

投資信託なら、初心者でもやりやすい

そんな中、もちろん初心者向けの金融商品もあります。本数が増えているものとしては、投資信託が挙げられます。投資信託はファンドが運用している金融商品です。信託報酬を払うことでプロが株式や債券、もしくはその両方を組み合わせたファンドを運用してくれるので初心者でもやりやすいです。銀行や証券会社が販売元なので、売りだされているファンドを購入するだけで良いのも利点です。毎日株価等とにらめっこしないですむのが便利なところです。ファンドには大きく分けてインデックスファンドとアクティブファンドの二種類があります。インデックスファンドというのは、ファンドが基準価格のある指標=インデックスと連動する動きを目指す投資信託のことです。つまり日経平均株価やTOPIXといった数値と同じような動きを見せるようなものを指します。これに対して、アクティブファンドの方はそういった指標以上に利益を出すように運用されるファンドで、リターンも期待できますが、同時にリスクも大きいのが特徴です。初心者ならば、値動きが分かりやすいインデックスファンドが推奨されます。

株式投資には銘柄を選ぶ楽しみがあり

しかし、投資信託には、自分で何かを選ぶ権利があまりありません。投資したくないと思っているところに知らずに投資してしまうこともあるでしょうし、プロに運用してもらおうともリスクがあるのは自分で投資対象を決める時と変わりません。必ずしもリターンが出るわけではないのが投資ですから、その点は注意が必要です。そんな中、自分で株式の銘柄を選べるという点で株式投資も初心者向けの投資の一つです。今は株主優待を出す企業も多いので、株主になって優待をもらうことが目的の人もいます。優待にはそもそも税金はかからず、自社商品や金券などがもらえることで人気です。NISA口座で運用すれば受け取る配当金が非課税にもなり、初心者でも100万円内で手数料もかからず取引できたりします。2016年からは120万円に上限が引き上げられますし、子どもがいれば、子ども分の80万円も運用することができます。また株主として総会に参加すればおみやげをもらえる企業もあります。銘柄を選ぶ楽しみや売買で利益を上げる楽しみ以外にも嬉しい特典が株式投資にはあります。

基本的に自分で分かるものをやるべき

初心者向けの投資としては、投資信託や株式投資が一般的です。初心者向けの書籍なども多いことから分かることと思います。しかし、基本的に投資は自分の分かるもの、自己責任で負えるものだけに投資すべきです。普通預金に預けておくというのも一つの投資先です。投資信託はプロに運用してもらうとはいえ、月次レポートなどを毎回チェックし、投資対象として間違っていないかなど自分で判断を下さなければいけません。株式投資もすべて自己責任の世界です。従って、責任がとれる範囲で行うべきものです。これは他のFXや不動産投資といったものにも当てはまります。FXや株式投資の信用取引になると、レバレッジをきかせることで自己資金以上のお金を動かすことになりますが、その分リスクも大きくなるので、余剰資金で始めるなどリスク管理の面も重要になってきます。