初心者にもわかりやすい外貨債券とは?


外貨建ての投資商品のなかには外貨債券があります。国内債券の外貨verです。比較的リスクが小さい投資商品として債券は注目されています。ここでは、外貨債券の詳細や特徴、注意点などについて紹介いたします。

外貨債券とは

shutterstock_523955005
外貨債券とは、米ドルやユーロ、豪ドルなど、外貨建てで外国の債券を取引することです。国内の債券よりも金利が高く利回りが良いため人気があります。債券は国や地方公共団体、企業などが資金調達のために発行するものです。債券は予め利率と満期日が決まっています。定期的に利子を受けとることができ、満期日を迎えると額面金額の償還金を受け取れます。外貨建て債券や外債とも呼ばれ、証券会社で購入ができます。発行市場や通貨、発行体のうち、何れかが外貨や外国である場合に外貨債券と言います。すべてが外貨の場合は外貨建て債券、すべてが日本円の場合は円貨建て債券、外貨と円貨の両方で行われる場合は二重通貨建て債券とも言われます。

外貨債券の3つの主な発行形態

債券には、利付債(りつきさい)とゼロクーポン債、ストリップス債の3つの主な発行形態があります。利付債は、償還日を迎えるまでに一定期間毎に利息を受け取れます。債券によって利息が貰える期間は異なり、償還時には元金も受け取れます。ゼロクーポン債は、クーポン(利子)がセロの債券のことです。利子の受け取りがないため、額面金額から利息相当額が割り引かれています。ストリップス債は、利付債の元本と利札を分離して、ゼロクーポン債としてそれぞれを販売したものです。定期的に利息を受け取りたい場合は、利付債を選択する必要があります。

外貨債券のメリット①金利が高い

国内債券は金利が低いですが、外貨債券は金利が高いのが特徴の1つです。楽天証券の扱っている商品では、国内債券の場合、国債は税引前で0.05%、社債も0.2〜0.4%前後程度です。外債の場合は、米ドル建てシティグループ社債は税引前4.60%、トリジャリーノートは2.625%です。ユーロ建てやポンド建て、南アフリカランド建て、ニュージーランドドル建てでも、2%以上の商品が揃います。世界の10年債利回りを比べても日本は非常に低いです。外貨建て債券は金利が高く、高い利回りが期待できます。

外貨債券のメリット②流動性が高い

満期日まで待てば額面金額が償還されますが、途中売却することもできます。需給バランスや金利情勢によって、債券の価格は日々変動しています。魅力ある債券であれば需要が高いため、すぐに買い手が見つかり、さらに利益を得れる可能性があります。

外貨債券のメリット③安全性が高い

満期日を迎えれば額面金額が償還されます。満期日までに債券価格が下がったとしても満期日を迎えれば、きっちりと額面金額を貰えるので安心です。しかし、債券発行者が倒産したりした場合は、価値のないものとなってしまいます。客観的に発行元が安心できるか分かるようにしたものが格付けです。第三者の専門機関が発行元の安全性を評価しており、購入際の参考にできます。一般的に格付けで安全性が高い債券ほど、利回りは低くなっています。

外貨債券のメリット④為替差益が得られる

外貨建てですので、円高時に購入をして円安のタイミングで売却をすると為替差益が得られます。購入した時よりも円安になり為替差損が生じる場合もありますが、想定以上に大きな利益を得れる可能性があります。

外貨債券のデメリット・注意点

外貨債券投資を行う際のデメリット・注意点は、価格変動リスク、信用リスク、為替変動リスク、流動性リスクの4点です。価格変動リスクは、常に債券の価格は変動しています。満期日まで待てば額面金額が受け取れますが、途中解約する場合は、変動した金額で売却しなくてはなりません。価格が大きく下がっている可能性もあります。信用リスクは、発行体が破綻などすれば利子も償還金も支払われない可能性があります。為替変動リスクは、日々の為替レートの変動で為替差益を得る場合もあれば、為替差損を負ってしまうこともあります。流動性リスクは、途中で売却しようと考えた際に需要のない債券であれば買い手が見つからない可能性があり、売却価格にも影響します。